【メディア掲載】「AbemaTV」てるみにtell me!全国オモシロ企業にて取り上げていただきました。

P1810928_1000

スマートフォンやPCから見られるインターネットテレビ局「AbemaTV」。

報道番組「AbemaPrime」内、「てるみにtell me!全国オモシロ企業」というコーナーにて1月26日に、藍工房の取組みが紹介されました。

「気仙沼に女性雇用の受け皿を」

藍染め工房を立ち上げ奮闘する子育て女性
-abemaTIMES

また「AbemaTV」のスタッフの方よりご連絡をいただきまして、ありがたいことに「abemaTIMES」経由でYahooニュース、livedoorニュースにも掲載されたようです!

「気仙沼に女性雇用の受け皿を」
藍染め工房を立ち上げ奮闘する子育て女性(AbemaTIMES)
– Yahoo!ニュース

「気仙沼に女性雇用の受け皿を」
藍染め工房を立ち上げ奮闘する子育て女性(AbemaTIMES)
– livedoorニュース

P1810894_1000取材に来てくださったのは、石井てる美さんというお笑い芸人の方です。ヒラリー・クリントンのものまねをされているお方。
一緒にベビーモスリンの藍染め体験をしたのですが、染料が1滴でも無駄になることを心底くやしがってくださったり、いい色を出すために染めた生地の濯ぎを撮影が終わってからも黙々と作業をつづけるてる美さんを見て、わたしたちも大ファンになりました!

「AbemaTV」のクルーの皆さま、石井てる美さん、どうもありがとうございました。

※放送中ご説明していたクラウドファンディングというのは、こちらです↓

幻の染料を復活させるため、気仙沼で藍草を栽培したい!

1月31日までご支援を受付中で、第一目標はおかげさまで達成することができました。ネクストゴールの250万円に向けて、ラストスパートの最中です!ご興味ある方、ご一読だけでもお願いできればと思います。

藍染め製品の取り扱いについて

藍染めは天然染料のため、化学染料とは異なった手入れが必要です。ポイントを押さえた手入れをすれば使うほど藍独特の風合いが増し、その時々で異なった表情を見せるのが藍染めの魅力です。

  • 藍染めの特性として、お洗濯の最初の2~3回は色落ちしますので、ご心配な場合は2~3回単独で水洗いしてください。
  • 色移りが少なくなってからは他の衣類とともに洗えますが、漂白剤・塩素・酵素が含まれる洗剤は使用せず、液体の中性洗剤で洗うのが望ましいです。
  • また、長くお使いいただくためには洗剤を使用せず、手洗いすることをおすすめします。風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 汗や雨などで湿った場合、摩擦によって色移りすることがあります。淡色製品との併用はお避けください。
  • 天然染料のため、日光による退色があります。黄ばみが出てきた場合はバケツに熱湯を張り、ひと晩漬けておいてください、藍の色が復活します。
  • 年月とともに移ろう藍染めの風合いを楽しんだのち染め直しをご希望されるお客様は、ご相談ください。15円/gで承っております。

ご注文・お問合せ方法について

掲載されている商品については、藍工房OCEAN BLUEに直接お問合せください。その際、掲載されている商品名、シリアルナンバーを一緒にご連絡頂けるとお手続きがスムーズです。

お電話でのお問合せ

☎ 080-6253-8161

お電話でのお問合せは営業時間内(金曜日〜月曜日、10:00〜17:30)にお願いいたします。定休日は火曜日、水曜日、木曜日です。また、営業時間外のお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。

直接ご来店される場合

直接ご来店される場合は、宮城県気仙沼市南町2-1-27にお越しください。

メールでのお問合せ

メールでのお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。