The 1-2-3 Organic Indigo Vat Recipe_Dipping 2 more times, and Airing


p1810103

The 1-2-3 Organic Indigo Vat Recipe_Preparing a Vat

The 1-2-3 Organic Indigo Vat Recipe_Dyeing 2 times 続き

 

疲れた染液にご褒美の果糖を与え、30分ほど待っている間、2度染めした生地は酸化がすすみ、ふかい色味になっていました。ここからさらに2度染めます。液のなかで生地をもみほぐし、染めムラがないよう気をつけながら作業します。

p1810129

そうして染めあがった さらし木綿。合計4度染めました。絞りを解いて広げてみれば、グレーがかった、シブめの藍になっていました。

dsc_4872

色見本表でいうと、真ん中の段の「熨斗目」(のしめ)、「鐡」(てつ)あたり。パツーン!とわかりやすい藍も好きですが、ちょっと哀しさが漂う、灰色がかったこんな藍も、とても好きです。

p1810136

色を定着させたいのでこのままひと晩酸化させ、明日、水洗いすることにいたします。

p1810117

染液は作ったときの半分以下の量に。まだ染められるか見るために、アフターケアをしました。

消石灰/果糖をたっぷり加えたのち、しずかに混ぜ、50度まで温めたお湯を張った鍋に入れ、復活を待ちます。混ぜ終えたあとの液表面は、カプチーノのような細かな泡に覆われていました。

 


藍染め製品の取り扱いについて

藍染めは天然染料のため、化学染料とは異なった手入れが必要です。ポイントを押さえた手入れをすれば使うほど藍独特の風合いが増し、その時々で異なった表情を見せるのが藍染めの魅力です。

  • 藍染めの特性として、お洗濯の最初の2~3回は色落ちしますので、ご心配な場合は2~3回単独で水洗いしてください。
  • 色移りが少なくなってからは他の衣類とともに洗えますが、漂白剤・塩素・酵素が含まれる洗剤は使用せず、液体の中性洗剤で洗うのが望ましいです。
  • また、長くお使いいただくためには洗剤を使用せず、手洗いすることをおすすめします。風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 汗や雨などで湿った場合、摩擦によって色移りすることがあります。淡色製品との併用はお避けください。
  • 天然染料のため、日光による退色があります。黄ばみが出てきた場合はバケツに熱湯を張り、ひと晩漬けておいてください、藍の色が復活します。
  • 年月とともに移ろう藍染めの風合いを楽しんだのち染め直しをご希望されるお客様は、ご相談ください。15円/gで承っております。

ご注文・お問合せ方法について

掲載されている商品については、藍工房OCEAN BLUEに直接お問合せください。その際、掲載されている商品名、シリアルナンバーを一緒にご連絡頂けるとお手続きがスムーズです。

お電話でのお問合せ

☎ 080-6253-8161

お電話でのお問合せは営業時間内(金曜日〜月曜日、10:00〜17:30)にお願いいたします。定休日は火曜日、水曜日、木曜日です。また、営業時間外のお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。

直接ご来店される場合

直接ご来店される場合は、宮城県気仙沼市南町2-1-27にお越しください。

メールでのお問合せ

メールでのお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。