【メディア掲載】けせんぬまさいがいエフエム「にじなま」インタビュー


FM___400x400

10/30(金)に、”趣味をつうじて若返り”を提唱する老人福祉センター「福寿荘」主催の藍染め教室が当工房で開催しました。

そしてこの日、「けせんぬまさいがいエフエム」に10月に入社したばかりの新人パーソナリティー・岩渕みずほさんが取材練習で来てくださいました。

「皆さんに取材させていただいて、テープがうまくできていたら放送でも使ってもらえるそうなんです」とおっしゃるみずほさんはカチカチに緊張されていました。

が、先輩方からOKが出て、本日11/5(木)の「にじなま」という番組内で取材報告をされたそうです!14:00~からの放送と、17:00~からの再放送、お聴きになった方はいらっしゃいますでしょうか?

11233178_1651116821835828_3694097571718685275_n

この日、三陸新報に載った募集記事を見て、申込んできてくださった60歳以上のお母さん方が、工房に集まってきました。

染物が好きという方も、藍染めははじめてという方もいらっしゃいましたが、誰もがキャアキャアと楽しそうに手を(そして口を…笑)動かしていたのがとても印象的でした!

12189710_581394512012969_7462887420451659790_n

さらし生地に巻き上げ絞りをし、試し染めをした後、いよいよ本番のお弁当包みにも絞りを。

試し染めで様子がわかったお母さんたちは、それぞれに工夫をほどこし、先ほどのにぎやかな雰囲気とは打って変わって、真剣に染めていらっしゃいました。

12096019_1651116818502495_2852226025322489939_n

最後はこの出来上がり。

皆さま、作業中はあれだけおしゃべりされていたのに、カメラを向けられるとお澄まし顔?笑

そういえば、「今日ラジオの取材が入っているのですがよろしいでしょうか?」とはじめにお聞きしたときも、なぜか髪をととのえはじめた方が数人いらして、「福寿荘」のスタッフの方に、「皆さんラジオなのでお顔は写りませんよー!」とツッコまれていました。

さて、そんなラジオですが、10分にも渡る長いバージョンで取材報告がされていました。

インタビュー後に岩渕さんにお話した、「震災で亡くなられた大切なかたの遺品を持ち込んで染められる方もいらっしゃいます。津波で泥だらけになってしまったので、染めなおしてご自身で身に付けたいそうです。」といった話も紹介されていました。

福寿荘さま、ご参加された皆さま、けせんぬまさいがいエフエムの皆さま、お世話になりました!


藍染め製品の取り扱いについて

藍染めは天然染料のため、化学染料とは異なった手入れが必要です。ポイントを押さえた手入れをすれば使うほど藍独特の風合いが増し、その時々で異なった表情を見せるのが藍染めの魅力です。

  • 藍染めの特性として、お洗濯の最初の2~3回は色落ちしますので、ご心配な場合は2~3回単独で水洗いしてください。
  • 色移りが少なくなってからは他の衣類とともに洗えますが、漂白剤・塩素・酵素が含まれる洗剤は使用せず、液体の中性洗剤で洗うのが望ましいです。
  • また、長くお使いいただくためには洗剤を使用せず、手洗いすることをおすすめします。風通しの良い場所で陰干しをしてください。
  • 汗や雨などで湿った場合、摩擦によって色移りすることがあります。淡色製品との併用はお避けください。
  • 天然染料のため、日光による退色があります。黄ばみが出てきた場合はバケツに熱湯を張り、ひと晩漬けておいてください、藍の色が復活します。
  • 年月とともに移ろう藍染めの風合いを楽しんだのち染め直しをご希望されるお客様は、ご相談ください。15円/gで承っております。

ご注文・お問合せ方法について

掲載されている商品については、藍工房OCEAN BLUEに直接お問合せください。その際、掲載されている商品名、シリアルナンバーを一緒にご連絡頂けるとお手続きがスムーズです。

お電話でのお問合せ

☎ 080-6253-8161

お電話でのお問合せは営業時間内(金曜日〜月曜日、10:00〜17:30)にお願いいたします。定休日は火曜日、水曜日、木曜日です。また、営業時間外のお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。

直接ご来店される場合

直接ご来店される場合は、宮城県気仙沼市南町2-1-27にお越しください。

メールでのお問合せ

メールでのお問合せはこちらのお問合せフォームからご連絡ください。